FXトレード攻略~トレンドの傾向と対策~

7日間FX無料メール講座
FXで利益を上げ続けるために基礎を7日間メール講座にて無料配信中!!
お申し込み、詳細はこちら⇒1日3分7日間稼ぐトレーダーへの基礎講座(FX無料講座)

トレンドの傾向と戦略 その3

FXトレードを実践する上で、もう一つ大切な事があります。

それは現在のトレンドが、どの時間軸レベルまで波及しているのか
この点にも注目して把握する必要があります。

ではこの見方、考え方についても少し説明させていただきますので
まずは、下記のチャートを御覧下さい。

チャート画像


このチャート、ある通貨が下落していく過程の一部を切り取ったものですが…

ローソク足の時間軸がわかりますか?

何分足か?   何時間足か?

突然、唐突に質問してみましたが…(汗)


わからないですよね(苦笑


御覧頂いたチャートは、ちなみにドル円の30分足のものです。

何が言いたいかというと、
全ての時間軸でこのような動きとなるということです。


更に付け加えると、
時間軸が長いものになればなるほど、
そのトレンドは力を増し続く傾向にあります。

皆さん様々なトレードスタイルでトレードしている事と思いますので、
執行時間軸として使用するローソク足も様々かと思いますが、

現在のトレンドが、どういった状況にあるのか?

ある程度把握しておく必要があります。

例えば、5分足でトレードしている場合は、

30分足・4時間足・日足・週足

それぞれのトレンドの状況を把握しておかなければ、
ダマシが頻発する事になると思います。

トレードに没頭すると、どうしても視界が狭くなり
執行時間軸としているチャートばかりに目が行ってしまいがちになりますが

この場合

30分足や4時間足などで、強い下落トレンドの初期段階となっているときに
いくら5分足で反転上昇を示すサインが出ても

実際は戻り売りのポイントで、ダマシを掴まされてしまいます。


今、一つの例として5分足での話をしましたが、
30分足でトレードするときは、4時間足・日足・週足
執行時間軸とするローソク足よりも、長い時間軸での状況確認をする事で、
ある程度、ダマシを回避することが出来ると思います。

特に、急激に加速したトレンド
(ボリンジャーバンドの急拡大やADXの急上昇など)


このようなときは、どの時間軸までトレンドの加速が波及しているのか?

トレンドが強ければ強いほど、

しっかりと底が固まってきてから反転

又は、頭が十分に抑えられてから反転


先ほどもお伝えしましたが、
トレンドは、長い時間軸まで波及すればするほど、
その勢いは増してきますので、

各時間軸でトレンドの状況を確認することで、
ダマシの回避だけでなく、利益の増加にもつながる事と思います。


copylight (c) 2009 FXトレード攻略~トレンドの傾向と対策~ All rights reserved.