FXトレード攻略~トレンドの傾向と対策~

7日間FX無料メール講座
FXで利益を上げ続けるために基礎を7日間メール講座にて無料配信中!!
お申し込み、詳細はこちら⇒1日3分7日間稼ぐトレーダーへの基礎講座(FX無料講座)

各通貨の特徴(短期トレード向きの流動性の高い通貨)

24時間休むことなく変動を続ける為替相場、その値動きには各通貨ペア独特の特徴があります。

どんなに優れたトレーダーでも全ての通貨ペアを手掛けてトレードする、と言う人はいないでしょう。
…各通貨ペアにはそれぞれ独特の値動きの特徴がありますし、多くの通貨ペアを手掛けることにそもそも意味がないから 、と言う理由もあります。

各通貨ペアの特徴を知ることで、自分にあった通貨を見つけて得意な通貨ペアでトレードすることをおススメします。


ドル円

最も基本的な通貨です。
日本人にとって1番馴染みのある通貨であり、世界の基軸通貨です。
ニュースや新聞などで、円高とか円安と言うのは、このドルに対して円が安いとか高いとか言っているわけです。 そして、それ以外の通貨ペアをまとめて「クロス円」という言い方をします。
それは、他の通貨ペアはドルに対してのレートで円に対してのレートが決まるわけです。
1ドル=119円30銭
1ドル=1,3360ユーロ     ということは1ユーロ=159円38銭 ということになります。
どの通貨ペアを取引するにしても、ドル円の動向は注意してみる必要があります。


ユーロ円

ヨーロッパで導入されている通貨であり、現在はドルに変わる実力も勢いもある通貨です。
世界各国の外貨準備高はドルから一部ユーロへシフトする動きも活発です。
ユーロはドイツマルクの代替通過としての要素を兼ねているので、 ドイツの景気動向を表す指標には注意が必要です。


ポンド円

ポンド円は最もボラティリティ(変動幅)が大きいハイリスクハイリターンの通貨ペアです。
このポンド円は金利もそれなりに高く値動きの荒い分、面白みのある通貨ペアではありますが、その反面で投機筋による大口取引が多いため、経済指標などに関係なく急激な値動きをすることもありますので、取り扱いには注意が必要です。


ドルストレート

ドルを介した対円での通貨ペアをクロス円と呼ぶのに対し ユーロ/ドル・ポンド/ドル
ドル/スイスフラン・豪ドル/ドル・NZドル/ドルなど、対ドルの通貨ペアを総称してドルストレートと言います。

ドルストレート全般に共通する特徴としては、長期的にある程度一定の値幅に収まろうとする対円相場とは違い 各国のファンダメンタルズが強く反映される傾向があります。
上がるも下がるもどちらかに動き出すと、トレンドが継続しやすく一度上手く波に乗ると中・長期的に大きなを利益を上げ易いです。



copylight (c) 2009 FXトレード攻略~トレンドの傾向と対策~ All rights reserved.